ネット環境・・・本当にタダで利用しています?

最近ね、娘のモバイル環境などを考える機会があり(進学など)とりあえず

「親(私です)のiPadを貸出し、アップルIDを取得して高校2年進級時に新規でiPhoneまたはiPad miniを購入する」

・・・ということで落ち着いたのですよね。

娘が進学した学校は校内でのモバイル端末を利用するのは原則として禁止。
ほとんどそういう学校の方が多いかもしれません。

ところがバスの待ち時間とかどのくらいのペースで歩いていけばどれに間に合うのか・・・をはかりかねている様子です。

いつかは持ち出しできるものを持たせることになるのでしょうね。

その間に気になったのが、「タダでアプリ利用できるからいいんじゃない?」というひと言。

本当にそうでしょうか?ネット環境がタダだ・・・という感覚こそ注意すべき点なのかな。

1台で月額数千円、端末はお年玉合計でも買えない。それを高校生が稼げるのか?

いや、厳しいでしょう。

親の立場からすると、「フューチャーフォンでもよくね?」という考えに到達する。

中学生の時にLINEの返信に追われて「アカウント削除するわ。くだらない」と言っていたくらいなのになぜまた・・・という感じがする。

良く食べて、良く眠って、良く学び、ネットの本当かどうか分からない情報に踊らされるくらいなら、親が使っているパソコン(Windows)でアカウント取得して調べものするならいくらでも貸してやる。

ネット環境が「経費」とはならなくなるかもしれません・・・が、そんなケチくさいことは言わないしサブのパソコンの手持ちくらいは・・・あるのになぁ。

子どもの今後のネット環境には不安もありますけれどもねぇ。ええ・・・。

数か月前・・・今から1年と経たない頃ですかね。

1円にもならないことでネットの顔も知らない人のことで悩むとか、

バッカみたい!!

なんてことで吹っ切れたことがあるんです。

冷静に考えるとその通りなのですが、相手が見えない環境で人の気持ちを知ろう・・・なんてアホみたいじゃないですか。

一方を聞いて沙汰はできぬ。

そういうこともありましたね。はい・・・。

そこから気持ちをシフトチェンジしたんですよね。

切り替えるとまったく悩まなくなったし、どうせならしっかり生活に活かそうか!!と思ったのって理解できますか。

見渡してみると、

若い女性たち・・・美容に関しちゃ美容部員なみに知っているなぁ。

近しいお友だちが勧めてくれたものがあるけれど、これの評判はどうだろう?(検索)

ネットの情報もいいけれど、裏取るにはやっぱり本だよね。専門書を探そう。

ネット環境は決して「タダ(無料)」とは言い難いです。

生活を快適にすることで使えなければ、私的には「ムダなもの」でしかないと思う。

人気者の有名人ではなく、一般の人が発信する情報は宝の山。

調べものするためのTwitterアカウントがあり、そこに気になる・・・というか若い女の子たちのアカウントをリストに追加しているのですが・・・。

私たち40歳代の人に向けてよくありがちなのは「アンチエイジング」に走る傾向。

アンチエイジング化粧品って高いのよぉ(笑)

ぶっちゃけ言いましょう。
ほんとうにそれが目的のものとして効果を発揮するかどうかなど分からないこと。
買いに行くのが大変(距離的なものも含む)。高額でそれならば家族に美味しいものを食べさせてあげたいと思っている人は多いと思うの。

それならば日ごろの生活から「シャン」とせな、いかんでしょう。
ネット上に若さを保つ方法なんて溢れているのに活かさない手はない。

逆にメイクアップについては最近どのようなものが人気なのか分からない場合がある。
年齢で選ぼうとするけんやろばってん。

年齢に関係なく、若いお嬢さんたちに混じって「JillStewart」のお店に行き、手に取って見る。
ショップの店員さんに聞いて試させてもらう。

あら・・・///よかやなかね・・・w

まぶたと下まぶたのアクセントにブラウンとブルーのアイジェルはこのところメイクには欠かせないものになっていて、ブルーは肌が透き通って見えやすい。

少なくとも電球色の光の下ではアラも見えない。メイクする時くらいは楽しいほうがいいじゃないですか(笑)

お友だちとお茶していた時に、ハンドクリームのニオイが料理のジャマでねぇ・・・と話をしていた時に出てきたのがダイソー商品の美容液。

どのくらい人気なのかは、Twitter投稿が鍵になりますねぇ。有名人や企業のアカウントからだとどこか嘘くさい(すみません)けれど、一般の人が推しているならば?皆さんどうですか?

これ、全身に使うよ・・・というネットの情報なども見てリピートしています。いつまでこの商品あるのだろう?

ハンドケアには最適です。

生活で普段使いしていたものが無くなりかけていた時に「これ、もしかして作れるんじゃない?」と思って検索すると出てくる。

作り方だけではなく、「精油(エッセンシャルオイル)」をプラスする方法など。

大人の自由研究・関連記事:精油(エッセンシャルオイル)とグレープシードオイルを使ってヘアオイルを手づくり。

これ、好きな香りに仕上げることができないかなぁ?と思ってネットを調べる。様々の方法が出てくる。

裏を取るために本を買う。ネット検索よりも断然早い。※宝物です。

そして、数年で変化したのは「身にまとう香り」です。

ジャムゥのソープをデリケートゾーンとか脇の下とかニオウのではないかと思って購入した時のことです。

ベッド用の香水・・・ってかなり刺激的ですが、色っぽい香りって「若見え」に通じますよね。

試しに1本買ってみたのです。逆に「女性ウケ」が良いんですよ。不思議です。
それから、マスカットの香り(季節などの限定品)が気に入ったので、LINEで情報もらって出たら送料とかまったく考えずにすぐに購入します。即買いですw

女性の集団の中でお茶していると「どの美容液使ってんの?」とかそんな話題ですが。ぶっちゃけ私の年齢を知らない人は5歳以上は若く見られることが多いです。

確実に同年代の集まりならば、年齢コーディネート香水。これは私自身がハマりました。

顕著なのはやはり同窓会。

幹事とかやると、立ち働いてるでしょう。だいたい女性(旧:女子)の集団で。

それを男性は見ていないようにしながら観察しているわけです。

自分に自信がある殿方ならば、その集団の中でキラキラしている女性と仲良くしたいものよ。会話も楽しいでしょうしw
顔の美醜とかあまり関係ない気がする。みんな平等にトシ取っているわけですから、そこ関係ない。

いつまでも若々しく、キビキビ動いて、女性同士で仲良くできるバランス感覚・・・ですね。
正直・・・女子ウケ良いほうが楽しくないっすか(鼻ほじ・・・

おかげさまで二次会だって話をする相手には困りませんけどねw

ネットの情報で「誰でも持っていそうな香り」ではなく、きっと買うのに躊躇するだろうなぁ・・・と思われる香りを普段使いしているわけです。

40代でベッド用香水を普段使い・・・意外性の力ってご存知ですか?

〇個人的な見解

20代、30代は普段使いにするのはオススメできません。

そのままでも充分魅力的じゃないですかw

・・・と、いうか危険だと思いますww

* * * *

「生活を豊かにすることのみ」を優先すると、様々な楽しみが出てきて家に居ながらにして趣味として活かしていける。

楽しめて、気分よく生活ができて、そして役に立つ。

その3つが揃ってこそ、ネット環境を「タダ(無料)同然に活かしていく」・・・ということなのでは?

これから先、どんな楽しいことが生活に待っているのだろう?どっからでも来い!!という感じがします。

これから「〇〇弱者」の状態が来ると思っている。

まず訪れるのは「買い物弱者」です。

正直、わずかな段差でつまづくような状態になれば外に出るのは危険かもしれないなぁ・・・と思います。

同年代の人と話をしていて、「ネット通販を利用するのが怖い」とおっしゃる方がまだ多いように思われます。

少しでも早くに慣れておいた方がいいと思うのです。私の場合はスーパーへの買い物は「楽しみ」でしかないですもの。
この目で見て、新鮮なものを選ぶための楽しみなんです。

生協の利用とかも月額1,000円足らずの個配手数料を惜しみ、すごく高い階段を旦那さんと共に米とか運んでいる人もいますが・・・。

女性の平均寿命は男性のそれと比較しても高いですもの。

この数年、自分が感じていることですが、不景気が大人になってずっと続いていて生活のことで切り詰めすぎて疲れ切っている人が増えたなぁ・・・と思います。

ネットスーパーが便利すぎる。飲み物とか重たいものは運んでもらうことが多いです。

そして「情報弱者」です。

私が?と思われる方も多いと思われますが、新聞を廃品回収で出すのすら大変な状態って想像できますか?

ペーパーレスになって行きます。ファッション通販のカタログなどとうの昔に止めていただきました。

私の母は、ワイドショーなどの情報を誇らしげに語りますが、私・・・そうはなりたくないんです。

電話してきて、何時間も話すような勢いって何なのでしょうかww
ネットで仕事をしている私の状況も「遊んでいる」としか思っていないですからねぇwww困りますよねw

元気だからいいんですけどねw

そして今後の私の情報に必要なツールはネットニュースになって行くのでしょうか。
これはぜひ使い倒したい。

きゃりん@博多の母ちゃん運営ブログ

大人の自由研究

博多の曲げわっぱ

つくった常備菜(お惣菜)を使い倒す。

食費1万円節約生活(20日間)

お気軽にフォローください

Twitterアカウント

Facebookページ

Google+