度付きのサングラスは七難隠す。

何年か「度付きサングラス」を愛用しています。

九州の夏の日差しはとても痛い。

車の助手席などに座っていても前がよく見えないので、楽しめない・・・というのもあるけれど、

メガネが死ぬほど似合わないから。。というコンプレックスもあるにはある。

そりゃね、若い娘時代はシンプルでラフなカジュアルを着ていてもなんやかんやでキマる・・・けれども、40代も半ばに来るとそうはいかない「自信のなさ」も関係するかしら(笑)

度付きサングラスは七難隠す。

遊びに行く時、授業参観、仕事、人前で話をする時。様々なパターンがある。

私はOnとOffが激しすぎるのかも。

ただね、ひとりの時間をゆーーーっくり過ごす時はほとんどラフな姿。

だいたい愛用の度付きサングラスをつけて街を歩いているかも?※夜は違うけどw

【それで得られる効果のようなものは?】

・ほとんどageFree!な状態。

・ラフすぎてもサングラスがまとめてくれる。

・変身願望を満たしている。

・ハンバーガーがっつり行こうとも。

・この人ダレなん?の視線。

・感動して泣いちゃった時はアイメイク隠せ。

・なりたい自分をどこまでも想像して、オーラを身にまとっていく。

チャラチャラしすぎは好かんので、あくまでも「私はオトナ」の意識は捨ててないです。

なりたい自分になって行くってけっこう大切なこと。オトナになったところでそれがお終い・・・なんですか?

おそらく・・・ですが、多くの人が知ってる私と、プライベートを楽しんでいる私は同一人物だと気がつかれることが少なく、いつものスーパーでも「誰かと思ったよ!!!」と言われることがしばしば。

それ、ちょっと気分がいい。

度付きサングラスは七難隠す・・・そして、私はシンプルにこういうものを活かし別の自分を演出する。

春になると気分が滅入っちゃう人も多いことです。

特にゴールデンウイーク明けね。

疲れが出ても気分良くその時期を過ごしたいですもの。

自分なりに楽しみを見つけて、時にはオトナを休んで・・・、

好きな服に身を包んで(いつもはこの若さでまるで襟詰めた婆ちゃん)衣紋を軽く抜くのも乙なもの。

あ、若いお嬢さんの「衣紋の抜きすぎ」は好まないですね。娘が「花魁衣装で成人式」とか言いだしたら二度と家に入れてあげません。

横道それました。。

ハンバーガーを大きな口開けて頬張る楽しさを味わっています。月に1回くらいじゃ体は壊さないってば。。

きゃりん@博多の母ちゃん

きゃりん@博多の母ちゃん運営ブログ

大人の自由研究

博多の曲げわっぱ

つくった常備菜(お惣菜)を使い倒す。

食費1万円節約生活(20日間)

お気軽にフォローください

Twitterアカウント

Facebookページ

Google+