ブック型ソーイングセットは作る過程も楽しい!

ダイソーへクリスマスプレゼント用の箱を探しに行くと、そこに本の形をした箱がありました。

ずいぶん前から私のソーイングセットはお菓子の空き缶などを使っていて、棚には置けるものの置いた面がもったいないな・・・と思っていて、使い勝手もあまりよろしくないような?

確かにそれでも困らない。しかし、もっと見やすい場所にあればササっと手縫いで何か作れるだろうとも思います。

ママ、ボタン取れちゃったよ・・・。

なんてことは今ではなく、自分で付け直しくらいはできるように成長したの。
私は洗濯の時に取れかかったボタンが分かるようなことが多くなった。

気がついたらちょいちょい取り出して付け直しをすることくらい、今では何ともない。
気持ちに余裕が生まれたからなのかも。

使い勝手に合わないものしか売ってない。

確かにね・・・周りを見渡せばおしゃれでポンとテーブルや箪笥(たんす)に置いても見栄えするものは多いように思います。

しかし私が欲しいのは省スペースでできるだけ「どっこいしょ」と取り出さなくても良いタイプのもの。

場合によってはほんのわずかな補修だけでいい時もあるでしょう。
その度に「どっこいしょ」ではムダに疲れそうな気がするのです。

ヒョイっと取れるタイプのものがいい。

市販されていないならば、作ればいい!!!

本棚に立てて収納する・・・って最高じゃない?

この本のような形を活かしてソーイングセットを作ろう!

ほぼ思いつきで行動していますよねw

時期は年末の大掃除を少しずつ進めていた頃で、デスク周りから何とかしたい。

博多の母ちゃんは家で仕事をしています。
デスク周りに生活に必要なものが集まっている状態も快適ではあるけれど、作業中には気がつかない「使い勝手の良さ」は日に日に変化するもの。

よく考えると、10何年も使っている古いカラーボックスを組み立てて、古いけれど愛着があるダイニングテーブルを利用している状態。

それはいいのだけれど、何とかイメージアップできないかな。

そこで気がついたのは、増えた本。

ここを少し整理して不要な本は古本屋さんに売れば少し片付くよね。
すると、本型ソーイングセットは置けるかも。今まで裁縫箱を置いていた棚も少しずつ片付くかな。

まず始めたのは、不用品の処分でした。掃除の基本ってそこにあるようにも思えます。

空いたスペースに本型の箱を置いてみると・・・。

これ、すごいな!見事にマッチしている?

布はですね・・・これがたくさんあるのですw

娘が小さい時から通園や登校時に持たせるものは作ってきました。
それも年に1回くらいの事ですが余り布などが多く出てそれを取り置きしているような感じです。

ほとんど気に入って買ったものばかり。
ある程度大きくなってからでも使ってもらえるような品物がいいので、柄は小学校低学年の子どもが使うには大人っぽいものが多く、今でもバッグ関係は使ってくれているようです。

それほど大人びているわけではないけれど、中学生の今でも使ってくれるようなデザインの余り布ならば・・・。

私の小物に使えるのでは?

お弁当箱に合わないシリコンのお弁当カップもまだある。
針刺しは私が若い時からずっと使っているものが中綿がしっかりしている。

裁ちばさみはさすがに入らないから今まで布を入れていた箱にしばらく眠っていてもらおう。
それもいつか立てて収納できるようになるといいなぁ・・・とは思っています。

なぜ、これを始めようと思ったのかは・・・。

実は初めての出版に向けて準備していた頃でした。
まだ博多の母ちゃんは無名のライターです。ブログをずっと書いていましたが執筆業をしている人にとって「本を出してなんぼ」というところがあります。

出版社のお墨付きで本を出す人とは違うのです。
無名なものはしょうがない。それならば何とかするまでのことなのです。

そのプレッシャーは本が売れるか売れないかのものではなく「笑い者になるのでは?」という心配も。

そういう時に必要なのは「趣味」です。

人と人とのつながりはそこそこでいい。
お婆ちゃんになった時にはお別れも来ることくらいは分かる。

チクチクと縫い物をすることは得意ではないけれど、無心になってできることって素敵なことじゃないですか?体力がなくなっても、家にずっと居てもできる素晴らしいことじゃないですか?

まずは形から入るほうです。
環境を整えつつ進めるほうです。

不思議と新しい自分仕様のソーイングセットを作っている間は時間を忘れて日頃のプレッシャーなど一切感じずに進めていました。

とても楽しい!!!!

趣味の第一歩は、道具を揃えることからだと思います。

その趣味に使う道具が揃えば、

使わないことがもったいない

・・・という気持ちを生むようです。

少しのお金と今まで持っていたものを作り変える。

ここで掛かった費用は100円+消費税。
その代わり手間を少々。時間も少々。

時間とは誰にとっても貴重なものです。それをムダになんてできないですよね(*´ω`*)

きゃりん@博多の母ちゃん

お気軽にフォローください

Twitterアカウント

Facebookページ

Google+