普段使いのエタニティ(香水)を気分良く使おう。

妹から「これ、お姉ちゃんに似合うと思う」と教えてもらったカルバンクラインのエタニティ。

もう、20年くらい前になるのかしらw

自分にはどうしても合わないから、その時はルームフレグランスとして使っている・・・と言っていたように記憶しています。

アトマイザーに入ったエタニティを鼻に近づけてみると、香水としては強い香りを放っていたけれど、とても落ち着く香り・・・。

柑橘系とフローラルのテイストがトップノートでの印象。

柑橘系といえば、ヘアオイルにも入れたくなるほど好みの香り。

ラストノートはサンダルウッド入りなのかぁ・・・。印象に残りやすくクンカクンカしたくなる。※・・・ということは後で成分が分析されたwebサイトを見て納得。

たくさんの香りが詰まっているこの香水は自分で「眠るための香り」を作り出す前まで私の「よく眠れる香り」でした。

ただ、難点なのはスプレータイプがメインで売られているもので、そのまま直接振り掛けるととても強い。

特に年齢が上がった今では公共の乗り物での自分の匂いはとても気になるのだ。強すぎる香水は余計に老けて見られがち。

スプレーだから多くついてしまうのかな。

精油の成分だけ見ると、もしかして作れるものなの?とも思ったけれど手が届かないものもある。※恐らく高額すぎて。

それに数年でようやく半分以下に減るくらいなので本物を買った方が間違いないでしょ?

実験するには唆(そそ)る話だけども、間違いなく使いたいので偶然それらが集まった時に考えてみましょう。

高校生の時に背伸びして、ニナ・リッチ風の香油を買ったことがあるのを思い出しました。

それはコロコロと肌につけていくタイプのもの。

そういうの、ないかな?

探してみると、あったのです!!!

しかも、便利さで考えるとそれほど高額なものではない・・・と思いました。

今のところ確認できているのは「生活の木」というお店。

大丸福岡天神店と

岩田屋のそばにあるVIORO(ヴィオロ)

にもありました。

これで、他の持っていても強過ぎて使えなかった香りを蘇らせることだってできる!

さらに香りが強いならばこんな方法で調節も。

ラストノートが残っている香水は無水エタノールで蘇らせることはできた・・・。

関連記事:DiorのDUNEが古くなっていたけれど蘇らせて再利用。母ちゃんを休もう。

DiorのDUNEが古くなっていたけれど蘇らせて再利用。母ちゃんを休もう。

けれど、

トップノートも好みの香水でまったく劣化していないならば、数滴取ってキャリアオイル(オリーブオイルやグレープシードオイルなど)で希釈する方法も。

無印良品でホホバオイルなどのオイルが販売されているのを確認してきたばかり。

オイルは酸化しやすいものもあるので、少しずつ作るのがポイント。

普段使いにしたいなら10mlずつ。
今、入っているのは原液ですが、次はキャリアオイルで希釈してその方法も利用してみようかと思います。

きゃりん@博多の母ちゃん

お気軽にフォローください

Twitterアカウント

Facebookページ

Google+