精油(エッセンシャルオイル)とグレープシードオイルを使ってヘアオイルを手づくり。

普段使いのヘアオイルがもうすぐ無くなりそうだな・・・と感じた時に思いついたこと。

成分を見ると「グレープシードオイル」と書いてある。

もしかしてこれ・・・自分で手作りできるんじゃないかしら?

そんな思いつきで調べてみると、作り方を書いたwebページがあった。

コスメを自分の好みで作ることができないかな・・・と思い始めたのは、動画サイトで余った口紅でリップグロスを作る方法を見つけてから。

その時はそれほど「すごいやん!これやってみようかな!」とは思わなかったのですけれどもね。

身近にあるもので実用品が作れるならば・・・。

そのような情報を探して、「グレープシードオイルならスーパーにも売っとぉよね?」と思い、すぐに買ってきました。※サニーにあった!!

ただね・・・オイルだけでは何となく満足度が少ない感じがして・・・。

そこで目に留まったものは・・・。

精油(エッセンシャルオイル)についての知識。

香辛料や身近にある果物の精油もあるのでマスターしたら食生活にも香りの知識を活かせるかもしれない。

私の好奇心は、そういうところでくすぐられるのだ。※食べ物・・・。

1つの知識が生活や多方面に活かすことができるか・・・難しいか。

思い切って「これはお試しだから・・・」と自分に言い聞かせて(言い訳して・・・)2本で700円くらい出せば手に入る格安の・・・しかも専門店の精油をネット通販で手に入れました。

好きなのは柑橘系のベルガモット。そしてバラのような香りのローズゼラニウム(ゼラニウム)。

ゼラニウムを使ったリップバームを同じ時期に作ってみたところです。

関連記事:リップ(唇)ケアはワセリンでできる。

リップ(唇)ケアはワセリンでできる。

初心者用の本を図書館で見つけて家に持ち帰り、「これは必要だ」と思ったのでそれもすぐに購入。
そこには注意事項なども書かれています。

今は健康体だけれど禁忌事項には注意して使いましょう。

2種類とも健康体で妊娠もしていない私には問題なく使えるものです。

私は本を読んで確かめながら精油(エッセンシャルオイル)を選びましたが、この「禁忌事項」や効能について書かれているサイトがあるので、リンクを貼らせてもらいますね。

参考リンク:「アロマ禁忌事項」について書かれています。
http://www.geocities.jp/massa_concie/NewFolderspmodo/aromataboo.html

私の手元にある本:すべてがわかるアロマテラピー大事典 (小泉美樹 )

精油(エッセンシャルオイル)とキャリアオイル(希釈するオイル)を混ぜる。

初めて作ったのはベルガモットの精油と、グレープシードオイルをキャリアオイルとした普段使いのヘアオイル。

それまではグレープフルーツの香りの市販のヘアオイルを使用していましたが、使った時とそうでない時の違いは「安眠度」のようなのは気のせいなのだろうか。

癒し系の香りをブレンドして作るのも良いのかも。
初心者ゆえに単品でしたけれどもねw

気のせいかもしれませんが、とても落ち着くのです。

下記のリンクはヘアオイルづくりの参考にできると思います。

参考リンク:ハーブや精油を使ったヘアオイル、ヘアクリームの作り方
http://www.timeless-edition.com/archives/18130

手順を踏まえず、初めてのことだったので少し量が多くなり過ぎたかなw

容器は先日、お友だちとダイソーに買い物へ出かけた時に選んだボトル。
初めての時はこんな感じでいいのかしら。

手の油切れも良いグレープシードオイルを使っていますがエキストラバージンオイルでも作ることができるようです。それだと酸化しにくいので長持ちはするのでしょうけれども。

今度は少しずつ。他の香りも取り入れて作ってみようかな・・・と思っています。

好きな香りに包まれて眠るのって、とてもステキなことのようですよ。

そうして、安眠と充分な満足感を得て・・・いつも以上に元気な博多の母ちゃんでした。

きゃりん@博多の母ちゃん

お気軽にフォローください

Twitterアカウント

Facebookページ

Google+