大人時間・・・少し考えてみませんか?

大人だから、忙しい?
守るものもたくさんあって、はっちゃけることも若い頃と比べても出来ない?

深酒すると翌日が大変だからお酒も楽しめなくなったな。。

夜のおつとめ的な何か(ここボカそう)も明日5時起きなのにな・・・、イヤじゃないけどあまり気が乗らない。

仕事に影響することは避けたい。

子どもの送り迎えとかもある、時間がもっと欲しい。
1日24時間じゃとても足りない。

はい・・・、
様々な悲鳴が聞こえるようです(; ̄ェ ̄)

その阿鼻叫喚が頭に浮かんだキッカケはやはり時間についての悩み。

先日、高校の時から仲良くしているお友だちと会ってランチしたのですが、子育て真っ盛りの主婦と子どもはもう成人してお一人様。
そして私の3人。

【あんず畑から 福岡天神大丸店】

内容については深く言えませんが、ランチの席で阿鼻叫喚・・・。
オーガニックのサラダをムシャムシャ食べながら聞いていた。

そこで話題の中でいちばん盛り上がったのは、40歳超えてからの時間の使い方でしたねぇ。ええ・・・。

大人の自由研究は時間とうまく付き合って行く方法を考えることからのように思いました。

なぜ、時間についての話で盛り上がったのだろう?

深くは言えませんが、かい摘(つま)んで言うとこういう事です。

旦那の給料だけじゃ生活が苦しすぎるのよ。だったら私はフルタイムで働くしかないじゃない?ところが疲れて家に帰っても何にもしない人。せめて洗濯物だけでも取り込んでくれたら助かるのに・・・、※延々とつづき、途中で切りました。ごめん。

子どもがね・・・成人式迎えてからというもの、なぁんかホッとしちゃったのか何なのか、突然何をするといいのかよく分からなくなったのね。時間が出来るのを心待ちにしていたのに、急にこんな感じで・・・。

私は、いったい何を話したのか覚えてない。
覚えていないというか、いつもだいたい聞き役になっているので、普段はその役回りだからこそブログなんか書けるのかもしれません。なんかしゃべってくれ・・・と言われる方が実は困ってしまうことが多い。

人の話の中に様々な人生があり、いつもの私ならば自分の目線でしか物事を見ていないことの方が多いから、別の立場で考えてみると発見があるのかも。

この世代、40歳を超えるともうすでに孫がいる人もいる。

様々な不安とか時間のやりくりで日本の女性は世界一忙しいのではないだろうか?とさえ思っています。

それゆえ、時間が無くて悩み、またそれまでを工夫して乗り越えて来た人にとっては時間がぽっかり空いてしまって悩むことにもなりやすいのではないかしら。

大人にとって大切なものは何だろう?

人によって価値観も変わって来るとは思います。

私にとっては「睡眠時間」で、圧倒的に足りないと感じていたのが2ヶ月前まで。
不安とか抱えていると全く眠れなくなってしまう。
家が職場なので、いつでも眠れるんじゃないの?と思われるかも。

案外そうでもないよ(笑)
いや、やってみなって・・・マジでw

仕事片付いたら片付いたで床のホコリとか気になるし、食べ盛りの「お腹すいた!!なんかない?」にも対応して行かないといけませんし、受験期ですから塾が帰宅後すぐから夜遅くまで続くため迎えには行く。塾は近いけれどそれはやる。。

1、2ヶ月くらいの変化を見て、ありがたいことによく眠れていると思います。

不安を抱え込んでいない証拠かも?

深夜に及ぶような仕事に関する電話を断るようになったしよく考えてみると、あなた方、会社に雇われているんだし就業時間にかけて来いよ・・・という話なのだ。
家のパソコンやスマートフォン・タブレットなどに持ち込み可能になった電話のツール(Skypeなど)が発達はしたが、「時間がボーダーレス」になった現在、確実に労働者の時間を奪っているようにしか思えない。

残業代、明らかにもらっていないでしょう?っていうことが多すぎるし、今時の若い子が「飲み会に残業代出ます?」という問いかけもゴモットモだと思います。

そして夜遅くの布団に持ち込んでまでの作業とか思いついたことをメモすることからまず止めた。よく眠れば不安定になることも少なくなり、「必要か不要か」の判断をしやすくなったし、情に流されて良いことはない。

自分にとってベストな状態で、新しいブログの記事が書けると思いました。

つまり・・・完全に良い方向でのオバちゃんになったような気がします。※そこ認めよう。

面倒くさいこともある。けれど・・・。

大人が社会と関わっている以上、面倒くさいことを避けられないことがあるし、逃げられないこともあります。

隙間時間に何か出来る人はやっぱり優秀!!
イヤなことは先送りにしないで1日の始めにやってしまおう。

単純ですかねぇ(笑)
私ね、優秀な人になりたいんですw

いいじゃないですか///
もともと優秀でもなく高校の5教科劣等生ですよ?
認められるのって嬉しいことじゃないですか?

うぅぅぅうぅぅ、どチクショーーーーっ!!!ってこともありますけれどもねw

今は電子書籍とかたくさんあることですし、生活に支障を来さない以上は何をやってもいいんじゃないかしら。

私は時々、無料のコミックとか読んでますよ(笑)考えに詰まるといつもそう。
4本までは無料で読めるものですw

ドン詰まりした時や移動時間にTwitterやFacebook投稿なども楽しみにはしてるかなぁ。
普段、「そんなん当たり前だろっっ」と言われそうなこともFacebookに投下しちゃってることもありますけれどもね(笑)※ごめんなさい。

生活の全てになっちゃうとキツいだけですが、生活の全てにできないのは大人だからしょうがないことなのです。

SNS投稿は生活を整えるための「ツール」にしてますw

「慣れ」というのもあるのでしょうけれど、ずいぶん距離を置けるようになったと思います。

「連絡先」という位置付けもある。
lineを知らなくても意外と何とかなるもので、既読のみつくのがイヤな場合もあるじゃないですか(笑)※Twitterは既読マークつかない設定にもできるw

「私の場合」ですが、
何か生活の上で充実していない時ほどSNSの滞在時間が長くなる傾向にあるので、

気をつけんと

いかんなぁ。。

ええ・・・、ほんとにw

作る料理をハッシュタグ(#きゃりんさんの晩ごはん)(#きゃりんさんの朝ごはん)で紹介させてもらっていますが、

あれは記録ですw

あと、後に読み返してみると気持ちの動きも手に取るように分かるので、そんなものを目安にして、

明日はもっと早く寝よう。

・・・と思うこともしばしば。それには、

時間の逆算が必要。

なので、「おやすみ」も打刻された時間を見て「あ・・・もっと早く寝るぞ」という目安にはなっている。

時間は誰の上にも平等に流れています。

私のいつも隣にいる中学生の娘も、私も。。

私の大切な人たちにも同じこと。

時間は誰の上にも平等に流れ、「その時」は二度と戻らない。

とても当たり前のことなのですが、それを忘れてしまう時があるように思います。

リストカットの画像などをネットで流してる時間があるなら、

その時間、私にちょうだい!!!

その若さ、私に移植してちょうだい!!!

誰にも言えない悩みがあるなら、それを打ち明けられる存在が隣に来ることを願っている。

お気軽にフォローください

Twitterアカウント

Facebookページ

Google+


きゃりん@博多の母ちゃん