キャナルシティ博多は情報の宝庫!買い物の前にこんな利用など。

博多界隈で大きなショッピングモールと言えば、やはりキャナルシティ博多・・・かなと思います。

一体何が魅力か・・・と言いますと買い物についての「情報の宝庫」という役割も担っていると思います。

博多駅からも、天神界隈からも西鉄バスの100円バスを利用して気軽に出かけられる。

普段の博多での買い物はこんな感じです。

通常はアクセスの関係でデパートを利用することが多い博多の母ちゃんですが、車社会の福岡市内。車で出かける人はとても多いと思います。
私はその逆なので徒歩か電車、西鉄バスなどがメイン。

その年齢にしてはよく歩く方だと自覚もしています。
デパートめぐりって大好きですし、天神地下街など歩いているだけでワクワクする。
ただし、短時間でそれを解消するには?

イオンモールがこの10年くらいの間に郊外に出店している背景もあります。
場所によっては行きやすい場所もありますが、やはり私は専門店に数多く行きたいほどの欲張りです。

キャナルシティ博多には、それらがギュッと詰まっているような感じですかねぇ。
それにね、そこで見つからなければ天神がすぐそばにあるわけですよ。

しかも時間に関係なくそこまではバスで100円。
歩けない距離でもないw

【西鉄の100円バスについて。参考リンク】

http://www.nishitetsu.jp/bus/rosen/eki100.html

ここまで書いておいて、なんですが・・・。

まるで買い物中毒のような感じに思われた方、いらっしゃいますか?

いいえ、これ・・・至って普通です。
デパート積立のようなものをすることもあり、それが使えて同じようなものが見つかればそこに行く。
上呉服町の気に入ったオーダースーツも時によっては買いに行く。※しかも安く、しっかりした仕立て。

【オーダースーツ SADA】※天神にもショールームがある。

良いものを選んで買う・・・という選択肢がとても広いのです。

ここは・・・わざわざツアーバスまで企画して九州各地域から天神・博多に人が集まってくるほどの「買い物天国」とも言えそうな地域。しかも海外からの旅行者も多い。

それは昔から変わらず外国人旅行者が増えたこと以外は、私が長崎の中学生だった頃は「かもめ族」と呼ばれる人たちがいて、「特急かもめ」佐世保からならば「特急みどり」でわざわざ買い物に出かけるほどの好景気に沸きかけていたあの頃のことを思い出します。

昔からそこまでしようとは・・・思ったことがないかな。

キャナルシティ博多はやっぱり買い物情報の宝庫。

買い物する前に、情報集めをする際にも助かります。
毎回出かけると、タダでは家に帰らない。

【キャナルシティ博多】

全部のデパートを回っていると疲れてしまいますし、その合間にUNIQLOでインナーウエアを見たり、私が大好きな無印良品(超大型店舗)で食料品の買い込みなどできるのですもの。

他にも知らなかった店などがある。
コスメブランドなどもテナントとして入っていて、そこに来て若い娘さんがどんなものに注目しているのかを知ることもできますよね。

うちは年頃の娘がいますが、どうしてもデパートの化粧品売り場のコーナーの独特の香りが苦手のようで、店舗が個別にあった方が一緒に出かけて選びやすい場合もあるのです。

博多の母ちゃん的に見てみますと、ファッションブランドは歩数がショッピングモールの中に凝縮されている方が助かる。※加齢は確実に進んでいく・・・。

娘の立場からすると、デパートはどこか敷居が高い。

とても自分のお小遣いでは買えないような服を好んで着ますし(母ちゃんUNIQLO、GU愛用者)コスメはお店の香りで入るかどうかを決めている。
浴衣は岩田屋のファン。

ひとりではどうやら行きにくいらしい。
店員さんとどう話をしていけば良いのか分からないらしい。

ふたりとも、そこにはないならば交通事情と時間の都合で別のモールには行くものの、手に入りやすい価格帯の品が多いはずのイオンモールやしまむらなどの方が実は行きにくかったりします。※車がないのでw

キャナルシティ博多に行くと「何が流行っているのか」という手がかりにはなりますよね。

それに、季節のイベントごとに変わるキャナルシティ博多のイルミネーションや中央の大掛かりなディスプレイなど、それを観に行くだけでもステキな親子の時間を過ごせていると思います。

買い物や食事はついで・・・。

本当は一緒に何かを共有する時間こそ、宝物なのでしょう。

お気軽にフォローください

Twitterアカウント

Facebookページ

Google+


きゃりん@博多の母ちゃん