手作り化粧水を使って美容にかかるコスパを改善・・・。大人の自由研究にて大興奮。

大人の自由研究の本当の目的は・・・。

お金をあまり使わなくても豊かな暮らしができるかどうか。

・・・ということも含まれています。

そこには「時間」も含まれていて口に入るもの、肌に使うもの。
全て「自分にとって良いものなのかどうか」を検証するもの。

化粧水については、本当に「コスメジプシーだった」という言葉が当てはまる私。

年頃の娘と一緒に使うものを分けなくてはならないのかな?※ヤングとオバちゃん御用達化粧品

アンチエイジングに良いとされる美容も、どこか分からない部分があります。

そもそも「アンチエイジング」って何?
これから何十年も「女性」として生きていく私の娘はそんな不確かで時代と共に変化しやすい情報に踊らされ続けるのだろうか。

薬局で薬剤師さんにたずねてみました。

手作り化粧水の材料となるのはこの3つ。

グリセリン
精製水
無水エタノール(これは好みで)

私が手元に持っている「すべてがわかるアロマテラピー大事典」にも化粧水のレシピは書いています。

しっとりタイプ、そして無水エタノールを加えた・・・さっぱりタイプ。
精油(エッセンシャルオイル)を混ぜなくてもそこまでは作ることができる。

しかも・・・格安!!!!

原価計算をすると50円~70円の範囲で200mlの手作り化粧水ができるから驚きというか感動を覚えています。いつも買っていた普段使いのヘチマコロン(一緒に使っている)だって400mlの品が1400円はする。
※きゃりん@博多の母ちゃんが計算して出しました。

手作り化粧水をつくりたいのですが・・・と言いつつ、レシピに必要な材料を薬剤師さん伝えるとこのように回答が返ってきた。

グリセリンは顔用と足用がございます。精製水はコンタクトケアのところに置いていますので、ぜひご確認くださいね。

これ・・・地域の薬局にて。

そのナビゲーションで材料を手に入れたわけです。
初めて使うことになった品は自分で判断が難しい場合が多い。
薬局にいらっしゃる薬剤師さん・・・かなり頼りになる。

グリセリン・・・ってどんなものなのかな?

化粧品の原材料としては、保湿剤、潤滑剤として使われているものらしい。
摂取しても大きな害はないらしいけれど、皮膚や粘膜に対して刺激性もあるらしいので、やはり肌に合わないと感じた場合は直ちに使用をやめましょう。
※Wikipedia調べ

また、他の性質として水に溶ける性質もあり、化粧品のクリームにも使われている品物。

手作り化粧水に使用する際には濃度に注意をしましょう。保湿効果はあるようですが高濃度での使用は逆に肌の水分を奪ってしまう・・・らしいです。

薬品を扱うものなので、私はネットの情報を拾って作るよりも裏取った確実性と有資格者(医事監修の医師の名前が明記されている)を重んじている「本」からの情報で手作り化粧水を作りました。

肌に合うものを惜しみなく使えることが大切です。

高いお金を出して使う化粧品は確かに満足度が高いです。
購入時には特にそれを感じます。

しかし、日常のお手入れではどうでしょうか。
うちの娘ね、その値段に関係なく「バシャバシャと」使いますよw

化粧水の本来の目的は「肌に水分を与えてあげる」ということではないでしょうか。

それね、顔だけって機能がもったいない。

しかし、

また買いに行かなくちゃ。(時間)
1か月で無くなるのにそんなに美容費で飛んでいくの?(お金)

少なくともそれらがクリアできれば、
もう少し良い食材を購入し、家でバランス良くごはんが食べられる。(食)

はい、すべて繋がっています。

作る時間はそこまで掛からない。何せ30分程度・・・。

幸いにも親子で使っても肌に合っている。

材料費だって各ブランドへ製品を買いに行くよりも安い。

ただし、1週間に1度のスペシャルケアの時はちょっと良いナイトクリームなど使っていますけれどもね(笑)

だいたい、2週間足らずで200mlが無くなります。
無くなったら1~2日、ヘチマコロンをスプレーボトルに詰めて使用し新しいのを作るまで親子で過ごし時間を見つけて手作り化粧水を作るのに30分。

それに私は精油の本に書かれている分量で精油を足す。

手作り化粧水の作り方ってやっぱり気になるよね。

本に書かれていたのをそのまま書くのには著作権の問題などもあるので、私が普段使っているもののレシピを書き出してみましょう。

本のレシピには忠実に作っています。そこから無水エタノールを抜いたりはしています。

【きゃりんの手作り化粧水】200ml

グリセリン 20ml(ここ、変わらない)
無水エタノール 10ml
精製水 170ml(エタノールなしの場合は180ml)

〇お好みで
精油(エッセンシャルオイル) 4滴

※100mlでは作ったことがないです。分量が変わるとどこかコワイので。本のレシピに忠実に。そこは曲げない。
※容器は100円ショップダイソーに売っている200mlのスプレーボトルを使用。
※精油は水には溶けません。プラスするならグリセリンとエタノールの段階で混ぜて、そして分量の精製水に加えて混ぜる。

大人(薬事法など)の事情により効果効能は避けますが・・・。

はい、ここでは「作ってみて、使用してみて、時間とお財布にどれだけ有効か」をメインに書かせていただいています。

ただ、これだけは言えます。

香りと一緒に暮らすことが、私に生活と気持ちの豊かさをもたらしている。

少なくとも香りがもたらす気持ちの変化などは生活雑貨に取り入れる工夫をするようにはなりましたね。

いい香りはやはり快適ですもの。
人は誰だって「イヤ~~なニオイ」に包まれて生活などしたくない。
それを手作り化粧水だけではなく別の何かを作ることができればもっとお財布事情は楽になり、工夫することで買いに行く時間を省き、私はもっとキッチンに立つ時間が増える。

限られた食材でも「あれやこれや」を作り、様々な時間を手にすることができてきた!!

つまり、そういうことなのですよw

きゃりん@博多の母ちゃん

お気軽にフォローください

Twitterアカウント

Facebookページ

Google+