普段使いのバッグが変わりまして・・・物に対する価値観は様々でしょうけれど。

娘の使っていたバッグをお下がりのようにして私が使うことがあります。

成長とともに、ライフスタイルの変化が大人のそれと比べてもものすごく早い!!!

少し前のは小学校の自然教室の時。

しかも、5年〇組 娘の名前

・・・のタグついたままw

胸のあたりで財布やスマートフォンを取り出すのに便利でiPadも入る大きさのものでした。

子どもが中学生の間は仕事や私用で旅することも多く、これからもっと増えそうな感じはしますが、その旅の頻度は増え・・・ほとんど九州一円だと思います。※宿泊の必要ない旅。

ここから先は「コンビニがどこにあると?」というくらいの地域に移動することも増えると思うのでお弁当は必須。

おにぎりくらいは包んで持って行くことになりそう。

持ち歩きの資料が多くなって来たしそろそろ電子化したい。

ならば充電器もいるのかなぁ。。

娘が高校受験が終わってすぐの断捨離中に「これ、どうかな?」と提示してきた。
おそらく私が出先で必要なものの多くはそれに入る。

バッグの機能性を見るのは娘の方が得意。

これはね。。きっと性格なのかもしれませんが、親のひいき目を抜きにして考えてみても・・・案外きちんとしている。

ところが発展途上の子どもゆえに、そのライフスタイルは節目ごとに大きく変化する。

私が使うことになった普段使いのバッグは彼女が中学生になる春に一緒に選びに行きました。

一見すると「メンズ」?

しかし、使いやすいからこれがいいなぁ・・・と。

それほど高額でもなく、中学生の持ち物としては合格。合格基準は各ご家庭によって様々でしょうけれども、派手すぎでもなくカジュアルにも制服にも合わせやすいタイプのもの。

その後、飽きた頃に私のものとして使ってもいいわけです。

中学3年間、けっきょく飽きることなく塾へ行く時やお友だちと遊びに行く時に使うものはお年玉貯めておいたり、Amazonギフト券を親戚からもらったりしてちゃっかり買っていたのがニクい。

帆布のバッグはとても丈夫!!!

帆布のバッグはとても強いと思います。
娘の中学3年間、雨に打たれた日もありましたが軽く洗って(たわしと石けんで)汚れも取れる。

細かい目地の汚れは歯ブラシに水をつけて重曹を使って叩くようにして掃除する感じ。
重曹が乾くとほとんどの汚れは取れてしまいます。

生地自体が丈夫なのでそう簡単には薄くならないし、本を数冊入れてもバッグの中で安定する。

難点と言えば、金具を取り付ける皮の部分が劣化していたのではがれた部分は瞬間接着剤で補強したくらいでしょうか。

バッグの形により特性は様々でしょうけれども、子どもの中学3年間・・・別の品とのローテーションで使っていたものではあるけれど、長持ちしたものだなぁ・・・と思います。

ネットで他にどのような帆布バッグ(キャンバス地とも呼ばれていますよね。)があるのか調べてみましたが、気になるものが出てきたら実店舗に行って確認してからネット注文したいですね。ポイントは貯まるしw※セコいですか?

帆布(キャンバス地)のバッグをAmazonでチェック♡

親子して共通なのは・・・「普段使いは見せびらかすもんじゃない」

親子して「流行ってるから」と使う頻度が低そうな機能充実しているどうかもアヤシイ品を見せびらかすことはないですね。

小さい時から積み木を工夫して遊ぶことが多く、お友だちの持っているものにあまり関心を示さないタイプ。

部屋をゴチャゴチャにする方がイヤだとは言います。

私も物に囲まれ過ぎた生活を快適だとは思わないから、そこは親子なんだなぁ・・・。

子どもが成人する頃にはやっぱりカード社会なのかな。

若い人たちがSNSなどで買ったものを紹介しているのを見ると、中には

「こういうのを買えちゃうくらい稼いでるとばい」

・・・そこはいい。少なくともご自身の責任で手に入れているのでしょうから。

心配になるのは、いつ、どのタイミングで、どうやって働いてる?どう見ても親に養ってもらってるよね?という場合。

カード作るの、簡単だもんな。
保険証などの身分証明証どんなに頼まれても貸しちゃダメですよ。

親としては・・・。
支出に対する「責任」がわかるまでせめてプリペイド式の交通系などのような手動で入金するタイプの電子マネーくらいに留めておいて欲しいな・・・。と願っていますけれどもね。

きゃりん@博多の母ちゃん

きゃりん@博多の母ちゃん運営ブログ

大人の自由研究

博多の曲げわっぱ

つくった常備菜(お惣菜)を使い倒す。

お気軽にフォローください

Twitterアカウント

Facebookページ

Google+